和食を学んでいっそう料理が上手に。すぐに活かせる基礎知識

浸しもののレシピについては作り手によって変わると思います。ですが、オーソドックスな調理のやり方を学んでみるのも良いでしょう。しょう油の他に出汁、更にみりんといった材料に浸けていただくのが元々の作り方となりますが、一方で手早くしょうゆで味付けするのみのおひたしを作るのもポピュラーなようです。大根・胡瓜などのお新香は、毎食でも食事時へ供したい副菜でしょう。浅漬を作るときに注意する塩分量は、材料を基準にだいたい2、3%を心がけましょう。塩分だけで作るのも構いませんが、可能であれば鷹の爪にしょうが、昆布なども一緒に漬けることで趣のある味わいですとかうまみ成分が出てきます。浅漬けというのは塩の濃度差の作用で材料の含有する水が抜けますから、大量を一度に食べる事も可能となります。すなわち、その分野菜が含有するビタミン類と食物繊維を摂取事も出来ると言う訳なのです。塩の摂りすぎに十分気配りして、日々いただきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です